どくだみを煎じて飲むお茶は、便秘に効くと広く知られているが、

飲みすぎるとお腹をこわすことがあります。

 

 

でも万能茶は、何種類かの素材がブレンドされたお茶であれば、どれか1つを飲み過ぎてしまうリスクはないです。

 

お茶に限らず、食品は健康にいいからといって特定の何か1つだけにこだわって1度に大量摂取するより、体に合う量をそれを続けることで症状の緩和や良好な状態になることを覚えておきましょう。

 

万能茶はカフェインフリーのため妊婦さんも安心していただくことができます。

 

ノンカフェインの飲み物は割高なものが多いですが、村田園万能茶はコスパにも優秀ですからその点も良いですよね。

 

また、美容サポートにいいと言われる成分、スッキリに毎日導き痩身作用の支援成分などと靴具ぎ気分を味わえる成分も含まれています。

 

ですからたとえば産後にきれいな体系に戻したいとか、育児のイライラを緩和するために飲むのにもとっても向いていますね。

 

村田園の万能茶には、ハブ茶が使われています。

 

ハブ茶は、酷い便秘の際に処方される漢方薬です。

 

なぜ、ひどい便秘に良いかというとアントラキノン誘導体が含有しているからです。

 

その成分は胃で吸収されず、腸内運動を活発にして便をゆるくしてくれます。

 

また、とうきび(とうもろこし)や大麦は、それらは食物繊維を多く含まれていますので、こちらも排便の役に立ちます。

 

さらに大麦にはカリウムもあるので利用の作用があり、適切な排尿は体の巡りを良くします。

 

食べたら余分なものはキチンと出す、という働きは良いですね。

 

万能茶を飲むのは、朝ホットで飲み続けると効果を実感しやすいです。

 

夜お休み前や昼間に水筒などに移し替えてお好きなタイミングで飲んでも大丈夫です。

 

大切なことは、無理せずに続けることです。

 

もし、苦さや渋さが気になるならば、やかんで煎じる時間を数分にしてもいいでしょう。

 

蜂蜜で甘くしたり、レモンで香りを付けたりするのもいいですよ。

 

暑い日には、冷やしたアイスティーのようにして愛飲してもいいですね。

 

村田園万能茶の原材料にあるハト麦や弘法茶といわれる浜茶には、排尿を促す作用があります。

 

その作用によって過剰な水分は体にため込まれず、体のむくみの解消に貢献してくれます。

 

ただし、むくみの解消目的であれば必ず温めてから飲むこと、冷えたものだと胃腸が冷えて体の巡りが良くないことになってしまいます。

 

それに注意して多くの女性が持つ顔や手足のむくみを解消してくれる万能茶は、仕事や家事に疲れた女性にぜひ飲んでもらいたいと思います。

 

万能茶のボタニカルセットは一包18グラムで約1リットルのお茶を煮出すことができ、1日分の水分がこれで摂取できます。

 

ビタミンやミネラルが豊富なため疲労感を軽減させるにも良いのですね。

 

心身ともに効果のある健康茶というわけです。

 

創業35周年記念のボタニカルセットは、万能茶5包に十二穀米2パックで500円(税込・送料無料)ですので、自分の体に合うかどうか自信がないと躊躇されている方には大変嬉しい内容です。

 

毎日のお茶を村田園万能茶にするだけで変化が起きるのです。

 

万能茶を続けることで、他に何かをすることなくたっぷりの薬草や穀物類の健康のためになる成分を摂取できます。

 

原材料の自然由来の有効成分によって、女性の悩み(便秘、むくみなど)の解消につながり身体が軽くなる感じです。

 

村田園の万能茶とは、いわゆる健康茶といわれる飲み物で、様々な天然素材が合わさっています。

 

16〜20種類もの生薬や漢方が入っていてやかんで煎じたりしますが、好みやその時体調に合わせて煮出す時間を加減して、自分に合った状態で飲めます。

 

健康食品が注目されている中、何かと忙しい人にとって万能茶は気軽に健康成分を摂取できるのでとても重宝します。

 

とは言え「万能」茶ですが、薬のような即効性はないため、毎日飲み続けることが大事です。

 

毎日飲むのは厳しいなと思う方もいるかもしれませんが、まずは1日に1杯だとしても無理せず始めていきましょう。