万能茶の原材料にあるハト麦や弘法茶といわれる浜茶には、利尿作用があります。

万能茶の原材料にあるハト麦や弘法茶といわれる浜茶には、利尿作用があります。

その作用によって過剰な水分はため込まれることなく、顔や手足のむくみを減らすことに貢献してくれます。

 

 

ただし、むくみの解消目的であれば温めて飲みましょう。

 

冷えたものだと体が冷えて体の巡りが良くないことになってしまいます。

 

それに注意して女性が悩みがちな足や顔のむくみを改善する万能茶は、日々の生活に疲れた女性にぜひ飲んでもらいたいと思います。

 

村田園村田園の万能茶には、ハブ茶が使われています。

 

ハブ茶は、下剤にも使用されている漢方の一種です。

 

ハブ茶にはアントラキノン誘導体という成分が含まれていて、その成分は胃で吸収されず、腸を刺激するので便をゆるくしてくれます。

 

また、とうきび(とうもろこし)や大麦は、それらには食物繊維が多く含みますからやはり腸の活動の助けになりますよね。

 

さらに大麦にはカリウムもあるので利尿作用が期待でき、適切な排尿は体の巡りを良くします。

 

食べたら余分なものは出すべきものは出す、という点で優れていますね。

 

WEB限定パッケージの万能茶は1パックで1Lのお茶が作れるので、1日分の水分がこれで摂取できます。

 

ビタミンやミネラルが豊富なため疲労感を軽減させるにも良いのですね。

 

疲れが取れてリラックスできる健康茶というわけです。

 

WEB限定パッケージのお試しセットは、万能茶5包に十二穀米2パックで500円(税込・送料無料)ですので、本格的に飲み続けることができるかどうか分からないからと定期購入を決められない方には大変嬉しい内容です。

 

万能茶をはじめ、今まで健康飲料などに手を出したことがなかったという人は、炭酸飲料だけ飲むと健康に良くないけど、日本茶などであれば、無駄な糖質や脂質は入っていないから問題ないと考えられている人が一定数いるようです。

 

でも万能茶の特徴を知ると驚きます。

 

美味しいし飲みやすいし一日に何度か毎日飲んでも飽きないし、それと体に良い原材料が多く使われているからです。

 

万能茶は身体の調子を改善していくいろいろな成分が多く含まれています。

 

そのうち特にビタミン、ミネラルが多く含まれ新陳代謝を高めることにも効果的です。

 

こういった成分を少しずつ摂ることで、耳にする口コミとしては、肌トラブルの改善、「肌の状態が良くなった」アレルギー症状が楽になった、お通じが良くなった、など等、普段の生活に広く恩恵を与えてくれる飲料として知られています。

 

万能茶には、ハトムギ(食物繊維が多い)、排便を促す作用があるドクダミ、腸の機能を改善する作用がある田舎麦などが配合されているので、結果、便秘の解消に活躍します。

 

それとハトムギやドクダミには、余分な水分を排出する作用もあるので、便秘解消と合わせてデトックス効果が期待できます。

 

でも、万能茶はあくまで健康食品なので、薬と違って目に見える効果がすぐに現れるわけではありません。

 

日々継続することが大切になります。

 

村田園村田園の万能茶を飲むのは、温めたものを朝に飲む習慣が効果を実感しやすいです。

 

夜お休み前や水筒で携帯してお好きなタイミングで飲んでもOKです。

 

大事なのは、無理せずに続けることです。

 

苦みや渋みが苦手であれば、やかんで煎じる時間を短くても構いません。

 

はちみつで甘みを増したり、レモンで風味を変えたりするのもいいですよ。

 

暑い日には、冷やした経口補水液の代わりとして飲んでみるのもいいでしょう。

 

村田園の万能茶は、肥満気味の人にとってはとくに嬉しい痩身効果のある成分も多く含まれており、糖分・脂肪分・塩分の摂取し過ぎとなっている人ににも村田園万能茶は魅力的な商品と言えるでしょう。

 

ある年配者の体験ですが、高血圧に悩んでいながら村田園の万能茶を飲み続け、徐々に血圧が安定してきたと喜んで話してくれました。

 

今でも飲み続けており、不調を感じない日が多いようです。

 

 

 

page top