万能茶の素材には、甜茶も使われています。

万能茶の素材には、甜茶も使われています。

甜茶はマグネシウムを含んでいて、一般的にマグネシウムは、便を柔らかくする作用があると言われ、病院でも処方される便秘解消の薬として利用されるミネラルの一種です。

 

 

それとドクダミも使われていて、ドクダミ茶は昔から便秘解消のお茶と広く愛飲されています。

 

同様に田舎麦は胃腸に優しく作用して、それととうきびとウーロン茶は食物繊維を含むので、万能茶は便秘解消に一役も二役も買っているのです。

 

それぞれの素材は、単独のお茶としても親しまれ、飲んでも便秘解消の効果がある訳ですが、万能茶は同時に飲めることで相乗効果となって便秘解消に役立つのではないかと思います。

 

どくだみを煎じて飲むお茶は、便秘解消のお茶として販売されていますが、飲み過ぎによってお腹が緩くなることがあります。

 

でも村田園の万能茶は、どくだみ以外にも何種類かの素材が使われたお茶であれば、どれか1つを飲み過ぎてしまうリスクはないです。

 

お茶でもなんでも食べ物は、健康にいいからといって特定の何か1つだけにこだわって1度に大量摂取するより、体に合う量をそれを続けることで目的がかないやすいと注意しましょう。

 

ふつうの健康茶は、原材料にある有効成分を十分に抽出するために長い時間で煮出す必要があり、そのため独特な苦みや渋味が感じられやすいのですが、村田園万能茶は、ほど良い甘み、それと香しさが出るよう組み合わされています。

 

とは言え、味の嗜好性はそれぞれですので、ハチミツやシロップで甘みを加えたり、ミルクやレモン等と一緒に飲んだり、自分の好みに合わせて飲むことができますよ。

 

万能茶とは、いわゆる健康茶と呼ばれるもので、いろいろな自然由来の原材料が合わさっています。

 

生薬や漢方が少なくても16種類入っていて煮出しますが、好みやその時体調に合わせて煮出す時間を加減して、都合のいいように飲めます。

 

健康志向が流行っていますが、忙しい現代人にとって万能茶は手軽に健康成分を摂取できるので大変便利です。

 

しかし、万能といっても処方薬同様にすぐ効果があるわけではないので、少しずつでも続けることが大切です。

 

毎日続けるのが難しいと思う方もいるかもしれませんが、まずは1日に1杯だとしても無理せず始めていきましょう。

 

村田園村田園の万能茶だけでなく、今まで健康飲料などに試したことがなかった人は、ジュースばかり飲むのは体に良くないけれど、日本茶などであれば、無駄な糖質や脂質は入っていないから問題ないと考えられている人が一定数いるようです。

 

しかし、万能茶はそんな人たちを驚かせます。

 

美味しいし飲みやすいし毎日飲んでも飽きがこない、それと体に良い原材料がたくさん入っているからです。

 

村田園万能茶はカフェインを含む素材は不使用ですから赤ちゃんだって飲むことができます。

 

それに赤ちゃんの便秘対策にもなります。

 

また、習慣づけることで子供に好きそうな甘いジュースを飲まなくても済みます。

 

そうすれば、糖分の取り過ぎを心配することもなく、虫歯を防げますね。

 

糖分は含まれませんが、ほんのり甘いお茶なので、小さい子供でも飲みやすいです。

 

人気が高いのもうなづけますね。

 

妊娠中から産後、赤ちゃんから大人まで美味しくいただけるお茶です。

 

万能茶に含まれているハト麦や弘法茶といわれる浜茶には、排尿を促す作用があります。

 

その作用によって過剰な水分はため込まれることなく、顔や手足のむくみを減らすことに期待できます。

 

でも、むくみ解消に飲むなら温めて飲みましょう。

 

冷えたものだと胃腸が冷えて血流や水分代謝が滞ることになってしまいます。

 

それに注意して女性が悩みがちな足や顔のむくみを改善する万能茶は、仕事や家事に疲れた女性におすすめしたいと思います。

 

万能茶の効能は、、便秘改善、高血圧の快方、良質な水分摂取、花粉症などのアレルギー無理のないダイエットがあげられます。

 

水分を摂る場合、コーヒーや紅茶、炭酸飲料などは自販機でも買えて手に入りやすいのでつい利用してしまいますが、これらは体の健康のためにはあまり良いことではありません。

 

糖分が多い炭酸飲料などで肥満になったり、場合によってはコーヒー紅茶の利尿作用が強すぎて水分不足になってしまうことも考えられます。

 

そういった意味で万能茶は、100%天然素材でできておりノンカロリー、ノンカフェインなので、妊娠中の女性でも子供でも飲むことができます。

 

 

 

page top