万能茶は、一般の健康茶と同じく煮出すことによって有効成分を抽出します。

煮出せば煮出すほど有効成分がより抽出されますが、それが長時間だと渋さと苦さが強くなり、飲みにくくなるのも事実です。

 

 

茶葉から煮出すドクダミなどは、お湯が沸騰していれば浸すだけで、抽出されます。

 

ハトムギ茶のように種子から煮出すタイプは、水に入れて火にかけてじっくり長い時間煮出さないと有効成分を抽出しにくいものもあります。

 

植物の葉や花から作る健康茶は、10分以下で抽出されるものがほとんどで、根茎や種子など硬かったり厚みがある材料なら長い時間煮出すことが基本です。

 

万能茶は健康状態を向上させるいろいろな成分が多く含まれています。

 

その中でもとくにビタミン、ミネラルが多く含まれ代謝を活発化させることにも効果的です。

 

これらを程よく少しずつ摂ることで、例えば肌トラブルの改善、「肌の状態が良くなった」アレルギー症状が楽になった、お通じが良くなった、など等、普段の生活に広く改善が期待できる健康茶として愛されています。

 

万能茶は30年以上ににわたり、現在は年間300万本以上も売れている長寿商品です。

 

ノンカフェイン、ノンカロリーだから誰でも安心して飲めて、一袋で1杯200ミリリットルを120杯分作れるので、とても経済的です。

 

健康志向の現代では、手軽に飲める健康茶が人気となっている背景もあり、村田園万能茶はたくさんの人に愛飲されている健康茶です。

 

万能茶はカフェインが入っていなので、赤ちゃんも飲むことができるうえ赤ちゃんの便秘対策にもなります。

 

また、習慣づけることで糖分が多いジュースは飲まなくても済みます。

 

そうすれば、糖分の取り過ぎを気にすることもないので、虫歯予防にもなりますね。

 

糖分は含まれませんが、ほんのり甘いお茶なので、子供たちにも飲みやすく人気が高いのもうなづけますね。

 

妊娠中でも出産後でも赤ちゃんから大人までずっと飲み続けることができるお茶です。

 

万能茶に使われている天然素材は、美容サポートに良いとされるはと麦、桑の葉、柿の葉の3種類、スッキリのために「ハブ茶/とうきび/大麦」の3種類、グズグズ&リラックスをサポートする桑の葉、あまちゃづる、ウーロン茎の3種類、その他に大豆、くま笹、クコ、浜茶、どくだみ、甘草、甜茶の7種類の合計16種類です。

 

あなたが健康いるための効果が期待できるブレンドです。

 

自然由来の原材料で、人工添加物を使用していないお茶ですのでなお安心ですね。

 

村田園の万能茶の素材には、甜茶も使われています。

 

甜茶はマグネシウムを含んでいて、マグネシウムは便を柔らかくするため医療機関で処方される便秘薬として重宝されるミネラル(必須元素)です。

 

それとドクダミも使われていて、以前からドクダミを煎じて飲むと便秘が改善できるとして知られています。

 

同様に田舎麦は胃腸に優しく作用して、食物繊維を服もウーロン茶ととうきびのおかげで、村田園万能茶は便秘対策に有効と評価が高いのです。

 

それぞれの素材は、単独のお茶としても親しまれ、飲んでも便秘解消の効果がある訳ですが、それらを一緒に摂ることにより相乗効果となって便秘解消に役立つのではないかと思います。

 

万能茶にはセンナ(中毒性あり)は入っておらず、どくだみ、くま笹、はぶ茶など、整腸作用があって副作用の少ない原材料が使われています。

 

そういった意味で安心して飲めて、腸に優しくゆるやかに便秘を解消していくため、それに悩んでいる人、胃腸が弱いという自覚がある人にお勧めできるお茶です。

 

万能茶の原材料の柿の葉には、ビタミンCが多く含有し、肌トラブルに効果があります。

 

それとハトムギには、タンパク質・カリウムなどが都合よく含有しているため健康的な肌のために最適です。

 

村田園の万能茶をはじめ、これまで健康茶などに手を出したことがなかったという人は、炭酸飲料だけ飲むと健康に良くないけど、麦茶や緑茶などを飲むのであれば無駄な糖質や脂質は入っていないからそれで十分なのでは?

 

と思っている人が一定数いるようです。

 

しかし、村田園村田園の万能茶はそんな人たちを驚かせます。

 

美味しいし飲みやすいし毎日飲んでも飽きがこない、そして健康にも良い成分がたくさん入っているからです。