万能茶は1982年から販売され、現在は年間300万本以上も売れているロングセラー商品です。

ノンカフェイン、ノンカロリーだから飲む人を選ばず、一袋で24リットル分のお茶が作れるのでとても経済的です。

 

 

健康志向の現代では、手軽な健康茶が人気となっている傾向で、村田園万能茶は多くの人に愛飲されている健康茶です。

 

万能茶には、ハブ茶が使われています。

 

ハブ茶は、下剤にも使用されている漢方の一種です。

 

ハブ茶にはアントラキノン誘導体が含有しているからです。

 

アントラキノン誘導体は消化されずに小腸まで届き、腸内運動を活発にして便をゆるくしてくれます。

 

それに大麦やとうきびも使われていて、それらには食物繊維が多く含まれていますので、こちらも排便の役に立ちます。

 

大麦にはカリウムも含まれいて利尿作用が期待でき、身体の巡りをよくしてくれます。

 

キチンと消化してキチンと出す、という点で優れていますね。

 

万能茶の原材料にあるハト麦や弘法茶といわれる浜茶には、排尿を促す作用があります。

 

その作用によって過剰な水分は体にため込まれず、体のむくみの解消に貢献してくれます。

 

でも、むくみ解消に飲むなら温めて飲みましょう。

 

冷えたものだと体が冷えて体の巡りが良くないことになってしまいます。

 

こういったことから多くの女性が持つ足や顔のむくみを解消してくれる村田園万能茶は、日々の生活に疲れた女性におすすめしたいと思います。

 

万能茶は健康状態を改善していく様々な栄養素が多く含まれています。

 

その中でもとくにミネラルやビタミンが豊富で、新陳代謝を高めることにも効果的です。

 

これらを程よく少しずつ摂ることで、例えば「風邪をひきにくくなった」「肌の状態が良くなった」アレルギー症状が楽になった、「花粉症が軽減された」など等、普段の生活に広く恩恵を与えてくれる飲料として愛されています。

 

村田園の万能茶の効能は、、便秘の解消、血圧の安定、良質な水分摂取、アレルギー症状(花粉症など)、無理をしない痩身があります。

 

水分摂取のため紅茶、コーヒー、加糖したジュースなどは、自販機でも買えて手に入りやすいのでつい利用してしまいますが、これらは体の健康のためにはあまり良いことではありません。

 

砂糖が使われている飲み物で太ったり、場合によってはカフェインのせいでトイレの回数が増えると水分不足になってしまうことも考えられます。

 

そういった意味で万能茶は、自然由来の原材料100%でカフェインもカロリーもないので、妊娠中の女性でも子供でも飲むことができます。

 

村田園万能茶は、朝ホットで飲み続けると効果的です。

 

夜お休み前や水筒で携帯して時と場所を選ばずに飲んでもOKです。

 

大切なことは、続けることなんで、その点をお忘れなく。

 

苦みや渋みが苦手であれば、やかんで煎じる時間を短くても構いません。

 

はちみつで甘みを増したり、レモンで香りを付けたりしてもいいでしょう。

 

熱中症対策用に冷蔵庫で冷やして経口補水液の代わりとして飲んでみるのもいいでしょう。

 

万能茶とは、いわゆる健康茶といわれる飲み物で、様々な天然素材が配合されています。

 

生薬や漢方が少なくても16種類入っていて煮出しますが、その時の気分で体調や味の好みに合わせて煎じ方を変えて、都合のいいように飲むできます。

 

健康食品が注目されている中、何かと忙しい人にとって村田園の万能茶は気軽に体に良い成分を摂れるのでとても重宝します。

 

しかし、万能といっても薬のような即効性はないため、毎日飲み続けることが大事です。

 

毎日飲むのは厳しいなと思う方もいるかもしれませんが、まずは1日1杯から無理せず始めていきましょう。

 

村田園の万能茶は未病に良いとされる飲み物です。

 

天然の良質な原材料がブレンドしています。

 

お肌などの美容に良い3種類の原材料、スッキリをサポートする素材3種類、ぐずぐずをスッキリさせる3種類の原材料、その他の素材7種類の合計16種類もの健康に良い原材料がブレンドです。

 

こういった健康茶は続けられないと効果はなく、味がまずいなど飲みにくいと続けられず体の変化を感じる前に止めてしまうものも少なくないですが、村田園万能茶は効能だけでなくたくさんの愛飲者がいるように飲みやすく続けやすいと評価が高いです。