普段飲むお茶を村田園の万能茶に代えるだけで嬉しい変化に気づきます。

万能茶を続けることで、意識することなくたっぷりの薬草や穀物類の人の体に優しい成分を摂ることができます。

 

 

自然由来の素材の成分のおかげで、女性の悩み(便秘、むくみなど)の改善になって身体が軽くなる感じです。

 

万能茶は、健康飲料といわれる飲み物で、いろいろな自然由来の原材料が合わさっています。

 

16〜20種類もの生薬や漢方がブレンドされていてやかんで煎じたりしますが、好みやその時体調に合わせて煮出す時間を加減して、自分に合った状態で飲むできます。

 

健康志向が流行っていますが、忙しい現代人にとって万能茶は手軽に健康成分を摂取できるので大変便利です。

 

しかし、万能といっても処方薬同様にすぐ効果があるわけではないので、少しずつでも続けることが大切です。

 

毎日飲むのは厳しいなと気が引けるかもしれませんが、まずは1日に1杯だとしても無理せず進めていきましょう。

 

万能茶に含まれている浜茶やハト麦には、利尿作用があります。

 

その作用によって過剰な水分は体にため込まれず、体のむくみの解消に期待できます。

 

ただし、むくみの解消目的であれば必ず温めてから飲むこと、冷えたものだと胃腸が冷えて血流や水分代謝が滞ることの恐れがあります。

 

こういったことから多くの女性が持つ足や顔のむくみを改善する万能茶は、日々の生活に疲れた女性におすすめしたいと思います。

 

ダイエットには、しっかり食べて不要な分はきちんと排出するというのが理想です。

 

万能茶の素材にあるハブ茶、とうきび(とうもろこし)、大麦の主な作用によって腸内を活性化させることが期待できます。

 

他に16種類の野草や和漢植物、穀物を配合することで、健康維持に最適な飲み物になっています。

 

これらの成分のおかげで、排泄をよりサポートし、おなか周りがスッキリすると期待できるわけです。

 

また、やかんで大量に作るだけで、作り置きして飲みたいときに飲むことができる手軽さは、ダイエットは継続することが大切という点をカバーしています。

 

村田園の万能茶は、朝ホットで飲み続けると効果を実感しやすいです。

 

夜お休み前や水筒で携帯して時と場所を選ばずに飲んでも大丈夫です。

 

大事なのは、無理せずに続けることです。

 

苦みや渋みが苦手であれば、煮出す時間を短くても構いません。

 

蜂蜜で甘くしたり、レモンで風味を変えたりするのもいいですよ。

 

暑い日には、冷やしたアイスティーのようにして飲んでみるのもいいでしょう。

 

村田園の万能茶には中毒性があるセンナは使われておらず、どくだみ、くま笹、はぶ茶など、副作用の少ない整腸作用のある原材料が使われています。

 

その点で不安なく飲むことができ、小腸や大腸に優しく効いて便秘を解消していくため、それに悩んでいる人、胃腸が弱い人におすすめできる商品です。

 

万能茶の原材料の柿の葉には、ビタミンCが多く含有し、肌トラブルに効果があります。

 

それとハトムギには、タンパク質・カリウムなどがバランス良く含まれているため健康的な肌のために期待できます。

 

村田園万能茶には、ハブ茶が使われています。

 

ハブ茶は、下剤にも使用されている漢方の一種です。

 

なぜ、ひどい便秘に良いかというとアントラキノン誘導体という成分が含まれていて、アントラキノン誘導体は消化されずに小腸まで届き、腸内運動を活発にして排便を促します。

 

それに大麦やとうきびも使われていて、それらは食物繊維を多く含みますからこちらも排便の役に立ちます。

 

大麦にはカリウムも含まれいて利尿作用が期待でき、適切な排尿は体の巡りを良くします。

 

キチンと消化して出すべきものは出す、という点で優れていますね。

 

万能茶は、肥満気味の人にとってはとくに嬉しいダイエット効果成分も含まれているので、糖質、脂肪、塩分を摂取し過ぎとなっている人ににも村田園の万能茶は魅力的な健康茶と言えます。

 

私の父の体験談として、高血圧を患っていながら万能茶を飲み続け、徐々に血圧が安定してきたと成功体験もありました。

 

今でも飲み続けており、不調を感じない日が続いているようです。