村田園の万能茶に使われている原材料は自然由来で、美容のために「はと麦/桑の葉/柿の葉」の3種類、

スッキリのために「ハブ茶/とうきび/大麦」の3種類、グズグズ解消とリラックスのために「桑の葉/アマチャヅル/ウーロン茎」の3種類、その他に大豆、くま笹、クコ、浜茶、どくだみ、甘草、甜茶の7種類の合計16種類です。

 

 

あなたが健康いるための効果が期待できるブレンドです。

 

天然素材で、人工的に合成していない健康茶なので安心して飲めます。

 

万能茶にはセンナ(中毒性あり)は入っておらず、どくだみ、くま笹、はぶ茶など、副作用の少ない整腸作用のある原材料が使われています。

 

その点で不安なく飲めて、腸に優しくゆるやかにお通じを促すため、お通じに悩んでいる人や胃腸が弱いという自覚がある人におすすめできる商品です。

 

万能茶に含まれている柿の葉は、ビタミンCが多く含有し、肌荒れやニキビの改善に効果があります。

 

また、ハト麦は、タンパク質・カリウムなどがバランス良く含まれているため健康的な肌のために最適です。

 

万能茶の良い点には、継続しやすい点があります。

 

どんなに健康に良いからと言っても味が美味しくなければ続けられません。

 

続けなければ、何の実感も期待できません。

 

万能茶を飲み続けている人の多くは、味が美味しいので続けやすいという評価です。

 

さらに、健康にも良いのであれば飲まない理由はないでしょう。

 

いつもの一杯を村田園の万能茶に変えるだけで美容にも健康にも良いので、ご家族全員にお勧めです。

 

万能茶に使われる素材には、ハブ茶もあります。

 

ハブ茶は、下剤にも使用されている漢方の一種です。

 

なぜ、ひどい便秘に良いかというとアントラキノン誘導体という成分が含まれていて、アントラキノン誘導体は消化されずに小腸まで届き、腸を刺激するので便をゆるくしてくれます。

 

それに大麦やとうきびも使われていて、それらは食物繊維を多く含まれていますので、やはり腸の活動の助けになりますよね。

 

さらに大麦にはカリウムもあるので利用の作用があり、身体の巡りをよくしてくれます。

 

食べたら余分なものは出すべきものは出す、という点で優れていますね。

 

ダイエットには、食べたものをお腹に溜めておかないというのが理想です。

 

万能茶の素材にあるハブ茶、とうきび(とうもろこし)、大麦の主な作用によって腸内運動が活発化されます。

 

併せて16種類の野草や和漢植物、穀物を配合することで、体に優しい飲み物になっています。

 

なぜなら、これらは排泄をよりサポートし、結果的にはお腹の見た目が、スッキリすると期待できるわけです。

 

また、やかんで大量に作るだけで、ホットでもアイスでも飲めるという気軽さは、継続的な努力で痩身を実現するという点を満たしているというわけです。

 

ふつうの健康茶は、原材料にある有効成分をしっかりと抽出するため煮出す時間は長めである必要があって、それによって苦さや渋さが強く感じられやすいのですが、万能茶は、ほど良い甘み、それと香しさが出るよう調合されています。

 

もちろん味の好みはそれぞれですので、ハチミツやシロップで甘みを加えたり、ミルクやレモン等と一緒に飲んだり、美味しいと思える飲み方で楽しむことができます。

 

万能茶とは、いわゆる健康茶といわれる飲み物で、様々な天然素材が配合されています。

 

16〜20種類もの生薬や漢方がブレンドされていてやかんで煎じたりしますが、好みやその時体調に合わせて煮出す時間を加減して、自分に合った状態で飲めます。

 

健康食品が注目されている中、何かと忙しい人にとって村田園万能茶は気軽に健康成分を摂取できるので大変便利です。

 

しかし、万能といっても薬のような即効性はないため、少しずつでも続けることが大切です。

 

毎日飲むのは厳しいなと思う方もいるかもしれませんが、まずは1日1杯から無理せず始めていきましょう。

 

万能茶を飲むのは、温めたものを朝に飲む習慣が効果的です。

 

夜お休み前や昼間に水筒などに移し替えてお好きなタイミングで飲んでもOKです。

 

大切なことは、続けることなんで、その点をお忘れなく。

 

苦みや渋みが苦手であれば、煮出す時間を数分にしてもいいでしょう。

 

蜂蜜で甘くしたり、レモンで風味を変えたりするのもいいですよ。

 

熱中症対策用に冷やした経口補水液の代わりとして愛飲してもいいですね。