村田園万能茶にはセンナ(中毒性あり)は使われておらず、どくだみ、

村田園万能茶にはセンナ(中毒性あり)は使われておらず、どくだみ、

はぶ茶、くま笹など、副作用の少ない整腸作用のある薬草からできています。

 

 

その点で不安なく飲めて、小腸や大腸に優しく効いて便秘を解消していくため、お通じに悩んでいる人や胃腸が弱い人にお勧めできるお茶です。

 

万能茶に含まれている柿の葉には、ビタミンCが多く含有し、肌トラブルに効果があります。

 

それとハトムギには、たんぱく質やカリウム等がバランス良く含まれているため健康的な肌のために最適です。

 

一般的に健康茶では、それに含まれる有効成分を十分に抽出するために煮出す時間は長めである必要があって、それによって苦さや渋さが強く感じられやすいのですが、万能茶はほのかな甘味と香ばしさになるように組み合わされています。

 

とは言え、味の嗜好性は様々なので、ハチミツやシロップで甘味をつけたり、ミルクやレモン等と合わせたりして、自分の好みに合わせて楽しむことができます。

 

万能茶は、一般の健康茶と同じく煮出すことによって有効成分を抽出します。

 

長い時間煮出すことで、健康に良い成分がより抽出されますが、長い時間煮出すと苦味と渋みが強調されて、飲みにくくなるのも事実です。

 

茶葉から煮出すドクダミなどは、沸騰したお湯に浸すだけで抽出されます。

 

ハトムギ茶のように種子から煮出すタイプは、水に入れて火にかけてじっくり長い時間抽出しないと有効成分を抽出できないのもあります。

 

植物の葉や花から作る健康茶は、5〜10分程度でほとんど抽出することができ、植物の種子や根茎など硬い原材料や大きくて厚さがある材料は、時間をかけて煮出すことがセオリーです。

 

万能茶の素材には、甜茶も使われています。

 

甜茶に含まれる代表的な成分はマグネシウムです。

 

一般的にマグネシウムは、便を柔らかくする作用があると言われ、医療機関で処方される便秘薬として重宝されるミネラルの一種です。

 

それとドクダミも使われていて、ドクダミ茶は昔から便秘解消のお茶と広く愛飲されています。

 

同じように田舎麦は胃腸の機能を改善し、それととうきびとウーロン茶は食物繊維を含むので、万能茶は便秘対策に有効と評価が高いのです。

 

それぞれの素材は、単独のお茶としても親しまれ、便秘解消を実感された愛飲者が多数いるのですが、村田園万能茶は同時に飲めることで素材同士が助け合う形で便秘解消に役立つのではないかと思います。

 

村田園の万能茶は、朝ホットで飲み続けると効果を実感しやすいです。

 

もちろん、夜寝る前や昼間に水筒などに移し替えて時と場所を選ばずに飲んでも大丈夫です。

 

大切なことは、続けることなんで、その点をお忘れなく。

 

もし、苦さや渋さが気になるならば、煮出す時間を短くても構いません。

 

蜂蜜で甘くしたり、レモンで風味を変えたりするのもいいですよ。

 

熱中症対策用に冷やしたアイスティーのようにして飲んでみるのもいいでしょう。

 

普段飲むお茶を万能茶に代えるだけで変化が起きるのです。

 

万能茶を続けることで、意識することなく薬草や穀物などに含まれる多くの健康のためになる成分を摂取できます。

 

自然由来の素材の成分のおかげで、便秘やむくみの解消につながり身体が軽くなる感じです。

 

村田園万能茶の特徴として、便秘改善、血圧の安定、良質な水分摂取、花粉症などのアレルギー無理のないダイエットがあげられます。

 

水分を摂る場合、紅茶、コーヒー、加糖したジュースなどは、自販機でも買えて手に入りやすいのでつい利用してしまいますが、これらは体の健康のためにはあまり良いことではありません。

 

糖分が多い炭酸飲料などで肥満になったり、人によってはカフェインのせいでトイレの回数が増えると水分不足になってしまうことも考えられます。

 

そういった意味で万能茶は、100%天然素材でできておりノンカロリー、ノンカフェインなので、妊娠中の女性でも子供でも安心です。

 

万能茶に使われる素材には、ハブ茶もあります。

 

ハブ茶は、酷い便秘の際に処方される漢方薬です。

 

なぜ、ひどい便秘に良いかというとアントラキノン誘導体という成分が含まれていて、アントラキノン誘導体は消化されずに小腸まで届き、腸を刺激するので便をゆるくしてくれます。

 

それに大麦やとうきびも使われていて、それらは食物繊維を多く含まれていますので、やはり腸の活動の助けになりますよね。

 

さらに大麦にはカリウムもあるので利用の作用があり、身体の巡りをよくしてくれます。

 

キチンと消化してキチンと出す、という働きは良いですね。

 

 

 

page top