村田園万能茶は30年以上ににわたり、現在も多くの方に愛されている長寿商品です。

ノンカフェイン、ノンカロリーだから誰でも安心して飲めて、一袋で24リットル分のお茶が作れるのでお得感が強いと思います。

 

 

健康志向の現代では、手軽に飲める健康茶が人気となっている傾向で、村田園万能茶はたくさんの人に愛飲されている健康茶です。

 

万能茶の良い点には、継続しやすい点があります。

 

どんなに健康に良いからと言っても味がマズければ続けるのは無理です。

 

続けなければ、何の実感も期待できません。

 

万能茶を飲み続けている人の多くは、手軽で美味しいから続けられるという評価です。

 

加えて健康にもいいのですから続けない理由はないですよね。

 

いつもの一杯を万能茶に変えるだけで体にも美容にも良いので、ぜひ飲みたいと思うところです。

 

どくだみを煎じて飲むお茶は、便秘に効くと広く知られているが、飲みすぎるとお腹をこわすことがあります。

 

でも万能茶は、どくだみ以外にも何種類かの素材が使われたお茶なので、特定の1種類を飲み過ぎてしまうリスクはないです。

 

お茶に限らず、食品は健康にいいからといって特定の何か1つだけにこだわって規定以上にたくさん摂るのではなく、適量を毎日摂る、継続して摂ることが目的がかないやすいと覚えておきましょう。

 

万能茶はカフェインが入っていなので、赤ちゃんも飲むことができるうえ赤ちゃんの便秘対策にもなります。

 

小さい頃から習慣にすれば、糖分が多いジュースは飲み過ぎの防止ができます。

 

そうすれば、糖分の取り過ぎを心配することもなく、虫歯予防にもなりますね。

 

糖分は含まれませんが、ほんのり甘いお茶なので、子供たちにも飲みやすくそれで子供にも好まれるお茶になっているのですね。

 

妊娠中でも出産後でも赤ちゃんから大人まで美味しくいただけるお茶です。

 

万能茶に使われている原材料は自然由来で、美容のために「はと麦/桑の葉/柿の葉」の3種類、スッキリをサポートするハブ茶、とうきび、大麦の3種類、グズグズ解消とリラックスのために「桑の葉/ウーロン茎/アマチャヅル」の3種類、その他に大豆、くま笹、クコ、浜茶、どくだみ、甘草、甜茶の7種類の合計16種類です。

 

健康な体調を維持するの効果が期待できるブレンドです。

 

天然素材で、人工的に合成していない健康茶なので安心して飲めます。

 

一般的に健康茶では、原材料にある有効成分を十分に抽出するために煮出す時間は長めである必要があって、それによって苦さや渋さが強く出やすいのですが、万能茶はほのかな甘味と香ばしさになるように組み合わされています。

 

とは言え、味の嗜好性は様々なので、ハチミツやシロップで甘みを加えたり、レモンやミルクなどと合わせたりして、美味しいと思える飲み方で飲むことができますよ。

 

万能茶は健康状態を向上させる様々な栄養素が多く含まれています。

 

そのうち特にビタミン、ミネラルが多く含まれ新陳代謝を高めることにも期待できます。

 

こういった成分を少しずつ摂ることで、耳にする口コミとしては、「風邪をひきにくくなった」「肌の状態が良くなった」「便秘が解消された」「花粉症が軽減された」など、日常生活に幅広く恩恵を与えてくれる飲料として愛されています。

 

万能茶にはセンナ(中毒性あり)は使われておらず、どくだみ、はぶ茶、くま笹など、整腸作用があって副作用の少ない原材料が使われています。

 

その点で不安なく飲めて、小腸や大腸に優しく効いて便秘を解消していくため、それに悩んでいる人、胃腸が弱いという自覚がある人にお勧めできるお茶です。

 

村田園万能茶に含まれている柿の葉は、ビタミンCが豊富に含まれているため肌荒れやニキビの改善に効き目があります。

 

それとハトムギには、たんぱく質やカリウム等が都合よく含有しているため美肌作りには期待できます。