村田園万能茶をはじめ、これまで健康茶などに手を出したことがなかったという人は、

村田園万能茶をはじめ、これまで健康茶などに手を出したことがなかったという人は、

炭酸飲料だけ飲むと健康に良くないけど、麦茶や緑茶などを飲むのであれば資質や糖質が余分に入っていないのでそれで十分なのでは?

 

 

と思っている人が一定数いるようです。

 

でも村田園の万能茶の特徴を知ると驚きます。

 

美味しいし飲みやすいし毎日飲んでも飽きがこない、そして健康にも良い成分がたくさん入っているからです。

 

万能茶は、一般の健康茶と同じく素材を煮出すことで健康に良い成分を得ます。

 

長い時間煮出すことで、健康に良い成分がより抽出されますが、それが長時間だと渋さと苦さが強くなり、飲みにくくなるのも事実です。

 

茶葉から煮出すドクダミなどは、お湯が沸騰していれば浸すだけで、抽出されます。

 

ハトムギ茶のように種子から煮出すタイプは、水に素材を入れて火にかけじっくり長い時間煮出さないと有効成分を抽出しにくいものもあります。

 

植物の茎、花、葉が材料の健康茶は、5〜10分程度でほとんど抽出することができ、根茎や種子など硬かったり厚みがある材料なら長い時間煮出すようにするのが基本です。

 

万能茶とは、いわゆる健康茶と呼ばれるもので、様々な天然素材が合わさっています。

 

生薬や漢方が少なくても16種類ブレンドされていて煮出しますが、好みやその時体調に合わせて煮出す時間を加減して、自分に合った状態で飲むできます。

 

健康志向が流行っていますが、忙しい現代人にとって万能茶は気軽に健康成分を摂取できるのでとても重宝します。

 

しかし、万能といっても薬のような即効性はないため、少しずつでも続けることが大切です。

 

毎日飲むのは厳しいなと思う方もいるかもしれませんが、まずは1日1杯から無理せず始めていきましょう。

 

万能茶は健康維持に効くお茶です。

 

天然の良質な原材料がブレンドしています。

 

お肌などの美容に良い3種類の原材料、スッキリをサポートする素材3種類、ぐずぐずをスッキリさせる3種類の原材料、その他の素材7種類の合計16種類もの健康に良い原材料がブレンドです。

 

一般的に健康茶というものは続けられないと効果はなく、苦かったりして飲みづらいと続けられず体の変化を感じる前に止めてしまうものも多々ありますが、万能茶は効能だけでなく多くの方に支持される様に美味しくて飲みやすいから続けられると評判です。

 

村田園万能茶はカフェインが入っていないので、妊娠されている方も不安なくいただくことができます。

 

カフェインフリーの飲み物は割高なものが多いですが、万能茶はコスパにも優秀ですからその点でも安心できます。

 

また、美容サポートに効果的な成分やスッキリに毎日導き痩身作用の支援成分などと靴具ぎ気分を味わえる成分も含まれています。

 

そのため、たとえば産後にきれいな体系に戻したいとか、育児のイライラを緩和するためにいただくのもとっても向いていますね。

 

村田園村田園の万能茶に含まれる原材料は自然由来で、美容サポートに良いとされるはと麦、桑の葉、柿の葉の3種類、スッキリのために「ハブ茶/大麦/とうきび」の3種類、グズグズ&リラックスをサポートする桑の葉、あまちゃづる、ウーロン茎の3種類、その他に大豆、くま笹、クコ、浜茶、どくだみ、甘草、甜茶の7種類の合計16種類です。

 

あなたが健康いるための効能を発揮するお茶です。

 

自然由来の原材料で、人工的に合成していないお茶ですのでなお安心ですね。

 

万能茶には、ハブ茶が使われています。

 

ハブ茶は、下剤にも使用されている漢方の一種です。

 

ハブ茶にはアントラキノン誘導体という成分が含まれていて、アントラキノン誘導体は消化されずに小腸まで届き、腸を刺激するので便をゆるくしてくれます。

 

また、とうきび(とうもろこし)や大麦は、それらは食物繊維を多く含まれていますので、やはり腸の活動の助けになりますよね。

 

大麦にはカリウムも含まれいて利用の作用があり、身体の巡りをよくしてくれます。

 

食べたら余分なものはキチンと出す、という働きは良いですね。

 

村田園の万能茶は、食物繊維が多いハトムギやドクダミ(排便を促す)、腸の機能を改善する作用がある田舎麦などが組み合わされているので、結果、便秘の解消に活躍します。

 

それとハトムギやドクダミには、余分な水分を排出する作用もあるので、お通じ改善とともに体の解毒効果もあります。

 

しかし万能茶はあくまで健康食品なので、薬と違って目に見える効果がすぐに出るということではないです。

 

毎日地道に続けることが大事です。

 

 

 

page top