美味しい万能茶にするための淹れ方としては、万能茶の作り方です。

約1.8リットルの沸騰したお湯に30〜40グラムの村田園万能茶を入れ弱火で煎じます。

 

 

煎じるのは時間で決めても良いですし、色で決めてもいいでしょう。

 

どちらにしても飲んだ結果、濃いのが好みなら長くもっと薄くしたいならもっと短い時間でご自身で最適な時間を決めて美味しく続けられますね。

 

火を止めたら茶殻を取り除いてお茶だけ耐熱容器などに入れます。

 

ところで、村田園の万能茶の素材は植物の茎、実、葉ですので、一旦別の容器に移して素材が偏らないようによく混ぜて、容器の底からすくいあげるようにするとさらに偏らずに済みますよ。

 

万能茶は、煮出して飲むのがおいしいです。

 

もっとも煮出し過ぎはよい香りが弱くなって苦くなるので、たくさんの野菜を煮込み旨味を混ぜたスープとはまた少し違うかとも思いますが、万能茶にも16種類の自然由来の素材が混ざってあります。

 

品質へのこだわりはもちろん、残留農薬なしも出荷品の必須条件なので、あなたに届けられた商品は煮出しても安心です。

 

村田園万能茶にはカフェインが入っておらず、飲む時間を気にしなくてもいいです。

 

健康茶というと苦かったり癖があったりというイメージですが、村田園万能茶はほんのり甘く香ばしくて子供にも人気があります。

 

急須で飲むのも良いですが、どちらかというと煮出した方が、素材の栄養を抽出して健康成分を摂れます。

 

たくさんの栄養素を都合の良いときに気軽にいただけるので、試して見る価値はありますね。

 

村田園万能茶の素材は16種類以上あって寝や茎の素材と葉の素材では、それぞれの重さが違うため急須で入れるにしてもやかんで煮出すにしても素材をうまく混ぜて使うことが、本来の美味しさを引き出せるので、どの淹れ方でも村田園の万能茶をよくかき混ぜてから煎れる、煮出すようにしてください。

 

急須で万能茶を飲む場合、急須は大きめの方がいいです。

 

村田園の万能茶を大さじ3〜4杯入れ熱湯を注ぎます。

 

その後、待つこと1〜2分。

 

普通に飲めます。

 

緑茶同様、何度でも楽しめます。

 

夏は、麦茶ポットで冷ました万能茶を麦茶の代わりにしても良いと思います。

 

村田園の万能茶はそのまま飲む以外に焼酎を割って飲んでも美味しいです。

 

さらに柑橘系のフレーバーを加えれば、美味しくいただけます。

 

お茶漬けのお茶をいつもの熱い緑茶から熱い村田園の万能茶に変えると、いつもと違う味わいも楽しめます。